スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の副作用で精神疾患になり思ったこと

6年前のペグイントロンとレべトールの副作用で躁状態になっていた訳ですが、

副作用の認識不足、知識が無知だったことを悔やんでおります

当時、頭がおかしいとは思っていましたが、

まさか自分がそんなに酷い精神疾患という自覚はありませんでした

恐ろしいことですが、自分じゃ気がつかない間に侵されていたんですね

酷い副作用を予知していれば、T医師の言葉など鵜呑みにせず手を打てたかもしれません




覚せい剤以外のヤバイものはガキの時分ひと通りかじってきましたが、

これ等は、これから気持ち良くなろうと 自分の意思でやる訳ですから、

心の準備もありすし、脳に変化があっても何らかの対応ができます

一応 脳に危険を察知するパーティションができてますからね

ヤバイと思ったらやめられますし ・・・

お酒だって酔うものと分かっていて飲む訳ですから、

セーブしたり飲みすぎたりするので同じです

旨くないと思えば飲まないし、ヤバイと思ったら深酒だってしないのが普通でしょう

自覚や予知さえしていればなんとか回避できるものでも、

準備もなく突然に想像もしていない現実が起きると、対応ができないものです

ペグは決して ハイになったり飛んだ訳じゃなかったので、

自分じゃ全く 何がなんだか解りませんでした

上手くいえませんが、事前に自覚さえしていれば変化に気がつくけど、

自覚がないと何がどうしたかなんて解らない とでもいいましょうか、

例えがおかしかったかもしれませんが、

治療するにあたって、如何に勉強不足で考え方が甘かったかですよね ・・・




精神薬だって同様のことが言えるのではないでしょうか

退院して2年ほど経ってから神経科で数種類の精神薬を処方され飲んだことがあります

この時は、心の準備と予知することができたからでしょう、

何回かは飲みましたけど、 止めましたね

当時は生活も自身も荒れていましたけど、

「こんなの飲むんだったら、酒飲んだほうがよっぽどましだ!」 と思いましたから ・・・

以前のブログでも書きましたけど、精神科医に面と向かって、

「あなたに私のことは治せないよ」 と言ったことがあります

私の場合、意識障害が酷く精神病院の独居房で抑制されるまでの体験をしましたし、

ヤク物特有の精神状態も恐さも危険性も解っていたからかもしれませんが、

いくら精神が病んでいても 精神薬を拒めたことは本当に良かったと思ってます

しかし、実際にはヤバイとわかっていても嵌ってしまう人も多いんですよね ・・・




病気も薬の知識もなく医師を信じ、

知らないうちに精神薬浸けになってしまった方は、

私同様 自業自得かもしれませんが、 気の毒です

まわりの人達が早く間違っていることに気づかせ、 目を覚まさせてほしいと思います

自分の意思で飲んだとしたら、準備された脳が働くはずですから、

危ないと感じたらやめることは可能ですが、

上記で述べたように、予知もなく飲み続け侵されてしまってるとしたら、

残念ながら本人に自覚というか 間違っているという意識はまったくないはずです

誰かが気づいてあげないと 私が6年前に体験したような、

恐ろしいことになってしまう可能性があるかもしれません ・・・・




問題は 精神薬と副作用の本当の恐さ知らないで、

一瞬でも楽になりたくて、自分の意思で薬に頼っている人です

覚せい剤に麻薬、シンナーや精神薬だろうと、

種類が違うだけで ヤクに変わりはありませんので、

頭を異常にさせるような物が、病気を治せるはずはありません

合わないからと薬の種類を変えたという話をよく聞きますが、

薬が合うってことは、ヤクが効いてるってことですよね、

これって嵌るってことで、一番ヤバイんじゃないでしょうか?

気分が良くなる訳だから、手放せなくなっちゃうんじゃないのかな ・・・

いくら精神的に辛いからといって薬に頼るのは如何なものでしょう?

気晴らしに飲むお酒は個人差はあるにせよ、

そう簡単にアル中になることはありませんが、

ヤク(精神薬)は一発で嵌ってしまう可能性があるから危険です

ご自分でもヤバイと気がついてる方がおられましたら、

飲むのは 止めるように努力することをおすすめします

「わかっているけど止められない」 

その気持ちもわかります ・・・

だけど、 一度きりの大切な人生です

一度壊してしまった頭と体は元どおりになりません、

きっと後で後悔するでしょう ・・・・




W精神病院を退院してから今年で6年、

屈辱を受け続け とんでもない現実と未だに闘っておりますが、

私みたいに取り返しがつかなくなってからじゃ遅いと思い、

体験をもとに、気がついたことを参考になればと思い書いた次第です

どうかご理解ください

薬(ヤク)の恐さ ・・・・

どう解釈するかは、ご自身で判断していただけたら と思います





スポンサーサイト

薬、恐くありませんか?


カルテ 付箋 010

疑問だらけのカルテの写し
疑問だらけ?
そう思うのは素人だから?
それは そうかもしれません
だけど、あまりに疑問が多すぎます
特に謎の部分に付箋を貼って見たのが上の写真です
医師の裁量で 都合のいいようにしか書かれていないカルテ、
開示してみて驚きました
みなさんのカルテは大丈夫? ・・・・





昨夕、Z病院安全対策室の事務方から、
質問状の書留を確かに受領したとの連絡が入りました
早速 ひと通り目を通してくれたのでしょう、
当時の担当医に事実確認をとるのに時間をください とのことでしたから、
心配していた当時の担当医からの聴取はするのでしょう、
ひとまずホッとしました
やっとここまで辿り着きましたが、
写真のとおり、付箋だらけで疑問はギッチリです
全ては C型肝炎治療薬 ペグ・レべの副作用から始まりましたので、
当然、当時の担当医に確認しない限り話は進みません
どういう答えが返ってくるか、 焦らず連絡を待ちましょう ・・・・



さて、演技だろうと手紙が着いた確認の電話をくれたことは認めましょう
一応 問題と向き合う姿勢を見せているようなものだからね
あたり前のことですが、これが出来ないのが今の世の中、
もう一つの問題の L証券がそうです
この件は何回かブログで書いておりますが、
薬のことをきちんと知って治療していれば、
こんな酷い事にはなっていなかったでしょう
しかし、とにかくこの会社は酷い
手紙を毎回書留で出しているのに、
ウンでもなきゃスンでもない、 何の連絡もありません
非常識の固まりと言うしかないでしょう
ただ 取引について疑問があったから問うているだけなのに、
何故 ふつうに答えられないのでしょうか?
L証券にとってまずいことをしてきちゃったからですよね
それでも正論をぶつけてくるのが普通ですけど、
まったく無視とは ・・・・  言葉がありません
まだ事実確認をするところまできたZ病院のほうが、少しはましですかな?
金融も医療同様、官僚 省庁 役人絡み、
都合のいい法や国に守られている部分が多いから本当に厄介です
このグループ、顧問には国家公安委員の名前がありますしね
内海先生書かれた本、
「精神科医は今日も、やりたい放題」 ではありませんが、
「金融業界は今日も、やりたい放題」 ってとこでしょう



薬をなめ 治療を簡単に考えていた私に原因があるのは当然ですが、
薬によって全てが変わってしまったのは事実です
頭が正常に作用しなくなり、
でも 自分では気づかず、 堕ちていくだけでした
認識があれば、 ここまでやられることはなかったでしょう

大丈夫と思っていたけど、
それは大きな間違いでした
これぐらい大丈夫 ・・・
裏付けありましたか?  
ありませんでしたし考えもしませんでした
そして、襲って来た時はもう手遅れでした
自分ではどうすることもできません
気がついたら独房で抑制されていた私
それでも正常だと思っていた自分、
プライド?があったから ・・・
それがとんでもないアリ地獄の入口だったとは、
気がついたのは2年も経ってからです
自転軸がずれ、まるで磁石が狂ってしまったかのように、
退院してから、まともじゃないとは感じていたものの、
時すでに遅し、全てやられたあとでした

他人事と思っている人が殆どだとは思いますが、
こんな事実があることもお忘れなく ・・・・




私は 難題は抱えているものの何とか生きておりますが、
内海先生の記事によると、
精神病院で毎月1500人以上の方が亡くなり、
向精神薬による不審死が東京だけで600人以上いるそうです
とんでもない 恐ろしい数です

あなたは、それでも薬に頼りますか?

あなたは、それでも薬を飲み続けますか?

あなたは、それでも薬が恐くありませんか ・・・・?






報道特集、やっぱりね ・・・

仕事のことで一昨日からバタついてて出っぱなしでしたが、

報道特集の時間にはなんとか帰宅することができました

しかし!

やっぱり、 マスゴミの番組って感じでした ・・・・ 残念です

感想ですか?

「こころのホタルの心の日記」で私が気がついた以上のことをわかりやすく

ホタルさんがおっしゃっられておりますのでご覧になっていただければ幸いです

            ↓            ↓
http://kokoronohotaru.blog87.fc2.com/blog-entry-317.html





見出しの 「精神薬大量処方の暗部」

肝心な 「暗部」 について、  何もわかりませんでした

なぜそうなったのか? 闇の核心には一切触れていませんでしたからね ・・・・


精神薬を飲んでいて、処方された薬の管理などできると思いますか?

薬が効かないと思えばどんどん飲んじゃうのはあたり前です

覚せい剤や麻薬の常習者と同じ感覚な訳ですから、

分かりやすく言えば、酔いたいけど酔えないから酒の量が増えるのと同じことです

それがわかっているのに大量の薬を出す精神科医 ・・・・

実におかしなことですが、 これが現実です

患者さんに処方している薬や診療内容は 家族であろう、

「秘守義務」 があるから教えられない、

秘守義務ねぇ、個人情報ですか ・・・・   これには呆れました

因みに私の場合、 姉に育成歴から性格まであることないこと、

本人が知らない間に聴取されておりましたが・・・

訳がわかりませんね

これじゃ 犠牲者が増えてもしかたありません

これ等のことが 現実に今この時間 日本のどかかで起きていることを、

みなさんはどう思われますか?

小学生でもわかることを認め許している国や厚労省、

報道でありながら「闇の核心」には触れないマスゴミ、

このままでいいのかな ・・・・?



気がついたのがアップ後でしたが 「東洋医の素人的処方箋」 の内海先生が、

「報道特集」 をズバッと述べられておりますので紹介させてもらいます

是非ご覧ください!

           ↓            ↓
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-124.html






自分の病気を公表できますか?

Z病院での面談が終わりましたが、
1月18、19日に内海先生が私の事を書いてくださった下記のブログで、
まとめていただいたことに対しての答えといってもいいような内容でした


「donjinanさんにお会いして」
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-94.html

「donjinanさんにお会いして2」
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-95.html

Z病院の先生方、このブログを読んでいたの? ・・・
考えすぎだとは思いますが、あまりに近かったので驚きました
医師だから着目する点が同じであたり前、ならかまいませんが ・・・・
当時の担当医から聴き取りがされてなかったのは残念でした
まずはカルテを検証しただけ、ということでしたが、
「全て妥当、法に触れてない」 と言いきっておいて、
質問をし直したからといって、わざわざ聴取をするのでしょうか?
「必要ありませんでした」 とでも言ってきて、
又 はぐらかし騙すつもりですかね ・・・?
理屈からすると そんな気がしてなりませんが、
屈することなく不明な点を問うていく所存です





昨日の報道番組で、てんかんの患者さんのことが特集されていました
私も鍵付きで貴重なコメントをいただきましたが、
きちんと病気と向かい合い 真面目に生活をされている患者さん達にとって、
あの事故は迷惑だったに違いありません
飲酒運転や高齢者の暴走が原因の事故が圧倒的に多くても、
てんかん ということだけでクローズアップされてしまいました
一年前の事故が問題になっていた最中でしたし、
多くの方が犠牲になられたので仕方ないとは思いますが、 気の毒です



問題は 病気を抱えている人達のおかれてる環境です
先日書いたように病気を隠してないと働けない環境があります
今回の事故で言うなら、「それなら車を使わない仕事すればいい」 確かに正論でしょう
しかし、果たしてそれだけでしょうか?
私もC型肝炎が解った時、しばらくは隠していました
妻には 表で絶対に隠してくれと言われたのは今でも覚えています
娘が生まれてまだ間もない頃でした
家では 私の使う物は全て別でしたし、お風呂も一番最後でした
感染の知識があろうと 幼い娘にうつってはいけない、
という思いが強かったんでしょうね
当時はアパレル関係の仕事でしたから接待やら歓送迎会やらで酒の席が非常に多く、
体は悲鳴をあげ、休みの日は殆ど横になっていましたので、
自分の体のことが心配でしたし 人様に感染でもさせてしまったらなど ・・・ 
よく考えた末、 自ら公表しました
世間ではC型肝炎の知識は低く 簡単に感染する病気だと思われていましたので、
案の定、差別もありました、肩たたきもされました
6年前のW精神病院ですら差別されたくらいですから、20年以上前なら当然のことです
人間としての義務とでもいうのでしょうか ・・・
嫌な思いをしてきましたが、事実を肯定すれば当然だったと思ってます
自覚するまで、時間はかかりましたけどね ・・・・



しかし、現在の社会環境は どうでしょう?
難しい病気など持ってると 色眼鏡で見られますよね
ただでさえ偏見を持たれ、ましてやこのご時世、
健康な人ですら なかなか仕事に就けないのに、
「私、病気があります」 なんて言ったら就職なんてできるはずありません
ですから、余程でない限り隠すのが普通でしょう
C型肝炎は感染しますし、てんかんは恥ずかしいという思いがあると思うし、
何もなければ 黙っていたいと思うのは当然かも知れません
働かないと生きて行けませんからね
患者さんが堂々と病名を公表できるような社会環境がない限り、
この問題が無くなることはないでしょう
そして、今度は精神薬の服用者による事故が問題になるのでは?
今までは隠されてきましたが、重大事故でもおきれば、
もう隠せませんからね ・・・・



「車の免許をとろう」 こんなCMまで流している自動車メーカー、
車を売るための、危機感の表れと言うしかありません
ところが片方じゃ、精神薬を売るために精神病患者を造るのに必死です
学校でも職場でもメンタルチェック?
あげくのはてに幼時期からも ・・・・
自動車産業も医療産業も国策ですが、 これって狂っていませんか?
間違っていても突き進むこの国に、未来など 残念だけどありゃしません



番組で、てんかんの患者さんを理解し 受け入れている会社が紹介されていましたが、
従業員が少ないコミュニケーションがとれる会社だからできた事だと思いました
果たしてこういう会社がどれだけあるのでしょうか、
これから増えていくのでしょうか ・・・・
去年の事故のご遺族の方が最後に こうおっしゃいました
「てんかんの患者さん達が堂々と病気を公表できる環境を作ってほしい」 と
確かに根本が変わらない限り事故はまた起きるでしょう
そして、取材した人間はこう〆ました
「事故などの怪我でも発症するかも知れないてんかんは他人事ではありません」 と、
ん?   いま何て言ったの?
スポンサーのてまえ、で す か ?
「不安や不調で医者にかかり、投薬次第で発症する精神疾患は他人事ではありません」
こう言ってもらいたかったけど、間違っても言わないのがメディアです
スポンサーの事を考えれば、本当はとり上げたくなかった題材に違いありませんが、
あれだけの事故でしたから、世間を考えれば致し方なかったんでしょうね
思ってもいない、できもしない事を無責任に流しているメディア(マスゴミ)には、
本当に呆れてしまいます


あなたは、自分の病気を公表できますか?





シンポジウムに参加して

「精神薬の薬害を考えるシンポジウム」 行ってきました

日本の精神医療の考える 4名のパネラーによる講演、

意味深く ・・・・

現実を目の当たりにしました

私がどうこう言うより、

動画に全てがありますので、

内容は下記の動画をクリックしてご覧ください

      ↓           ↓
http://www.ustream.tv/recorded/21854729




東大一条ホールで開催されましたが、

この東大が日本に於いて、 精神科発祥の地とは ・・・

昭和30~40年代の日本、

私が子どもの頃は精神病院は恐いところ、というのが大人の間でも一般的な常識でした

入れられたら出て来れない、出て来たとしても差別されたもんです

生まれつきの方には気の毒でしたが、

ポン中だろうアル中だろうと同じように括られていた時代でしたからね

昔なら恥ずべきことでしたが 今はどうでしょう

精神科が身近な存在になったからでしょうか、

精神疾患が世間では あたり前の病気になってしまったような気がしてなりません

全て国に仕組まれてこうなってしまった訳ですが、

内海先生がこうおっしゃられておりました

「現代の精神病は 薬剤性の精神病、造られた病気である」

正しく、精神薬で病気にさせられてしまっているんです

また 浜先生はこう事実を語りました

「薬をやめれば治る」  「何もしなければ治る」 と

このことを覚えていただければ、と思います



「精神科医・精神医療に対する2大誤解」

1 精神科医は心の専門家である

2 専門家は正しい診断・治療ができる
          ↓
  その誤った認識が悲劇の始まり


残念で悲しいことだけど、これが現実です

重要と思いましたので資料を引用させていただきました



国は今まで、被爆や水俣病に薬害肝炎などを問題にしてきましたが、

精神薬と精神医療のあり方は問題にしようとはしません

命に関わる重大なことと判っていてもやりたい放題です

莫大なお金が絡んでいて 国策と言っても過言ではありませんので ・・・

一般医療と違って、精神科は特別で常識も理屈も何もかも通らない異常な世界ですから、

この毒牙にかかったらそう簡単には逃げられません

講演では、勇気ある3名の方がそれぞれ違う被害を報告されましたが、

言葉がでませんだした ・・・・

誰もまさか自分が なんて思ってもいなかったはずです

私もそうでしたから

いつ、あなたやあなたの家族が、

国が認める異常な世界に引きずり込まれる危険性があること、

他人事とは思わず考えていただければ、と思います

危機感を持って ・・・・



明日はZ病院で面談です

いつも通り、とんでもない回答しか出してこないのは承知ですが、

講演でいい話を聞き 知識も得させてもらいましたので、

新たな気持ちで 冷静に望む所存でおります






プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。