FC2ブログ

無くてはならない職人さんの手仕事

衣、食、住、 便利になった世の中、
決して悪いことじゃありませんが、何か底辺を忘れていませんか
便利の裏側、ものの価値観、思いやりなど 考えてみましょう
昔から何も変わらないものというか、変えられないものもありますよね
いやっ 変えてはいけないもの、と言ったほうが正しいのかもしれません


植木屋さんを例にとってみましょう
まずは下草、昔は鎌で 今は刈払機
生垣、昔は鋏で 今はバリカン
伐採、昔は鋸 今はチェーンソー、 などと便利になりました
しかし剪定となると鋏しかないですよね、 松なんか手でするしかありません
形になりませんからね
機械で出来るよになり昔と比べれば楽になったと思いますが、
手でする作業は変えることが出来ません
昔ながらのお庭では全て手仕事のところだってあります
大工さんに左官屋さん、板前さんや和菓子屋さんなども
大事なところは当然 昔からの手仕事ですよね


桐の箪笥、いい素材を使って 職人さんが作り、お客さまの手もとへ
その後 何十年か経って職人さんの手仕事によって再生されると新品のように蘇る
時間とお金はかかるでしょう、
ホームセンターに行けば修繕代より安いものが買えるのは確かです
古いものは捨てて 新しいものを買う、そして不要になれば安物だから捨ててもOK、
確かに便利ですよね
しかし、いいものは代々受け継がれ 大切に扱うのは勿論、先人への想い、造った人への想いなど ・・・
受け継ぐ人には 大切な何かを教えてくれることでしょう

ものを大切にする、
大量生産でものがあふれている時代に育った現代人には難しいのか知れませんね?
いいものの良さを知れば少しは解ると思いますし、ものも粗末にしなくなるんじゃないでしょうか
学校で教えることでもないし、生活の中で親が教えるか自然に身につけるしかありません
もし小さなお子さんがいるのなら、おもちゃにしても何か一つ 本当にいいものを
プレゼントしてみては如何でしょうか、感性も育んでいくと思いますよ 
勿論 お子さんが興味ないものじゃ意味ありませんけどね


巷じゃ、もったいない エコだ 再生 だとか言っておりましが、
企業が本当に気がついてアピールしているのか疑わしいものです
林野庁もそうですが、巨大企業が何十年か前に募った植林の公募、
今じゃ元本すら保証されてないそうです
それでもテレビでは、未来のために ○○○年前から取り組んでます、
とコマーシャルが流れていますからね
マス媒体など信じずに 頭をからっぽにして旅行などしてみてはどうでしょうか?
少々お高い老舗の旅館に泊まり、いいものを食べてみたり、古い町並みを歩いてみたりして、
色々なものを発見したり、ぬくもりを感じてみては如何でしょう
頭をからっぽにしていけば、今までの認識が大きく変わるかも知れませんよ
若ければ若いほど きっと感性は磨かれ 人生のためになると思います


全てがオートメーション化で便利になった訳ではありません
見えないところで支えている人がいるから、便利さを感じることが出来るのも確かでしょう
原発などまさしくそうですよね
また、便利なことだけでは成り立たないことも確かです
便利と不便、表と裏、全てはバランスではないでしょうか



日本人は勿論、外国の著名人にも古くから愛されている京都の旅館、 俵屋
危機を乗り越えもう何年経つでしょう
原動力は表では見ることの出来ない職人さん達でした
有形文化財で数寄屋造りのここには日本そのものが詰まっているそうです
はたから見ると無駄に見えるものも全て意味があってのこと
この本は村松友視さんが俵屋を裏で支える職人さん達のことを書いております
私の書いたことも この本を読めば納得できるでしょう
今は古本でしか手に入りませんが 読んでみる価値はありますよ


俵屋の不思議 (幻冬舎文庫)俵屋の不思議 (幻冬舎文庫)
(2003/12)
村松 友視

商品詳細を見る


  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR