FC2ブログ

医師と病院の使命って、何でしょう?

一夜明けても そう簡単には冷静にはなれませんでした
私にとっては 重要な問題ですからね
相手の出方が解っていても、 腹がたちます
これじゃ、病院に行く度に具合が悪くなって 当然ですね


「患者様には、出来る限りのことはします」 と 言っておいて、

病気は治せないし、

原因を問えば、 「厚労省のガイドラインに基づき病院では何も出来ません」

では、 私はどうすればいいのでしょう?

これって、  誰が考えても おかしなことではないでしょうか

医師と病院、  使命って いったい何ですか?

何も出来ないなら、 患者様 なんて言い方はしないでもらいたいですね

どういう意味なのでしょう?   

私には 理解ができません

どうやら、 病院は正しい治療も出来なくなり、日本語まで正しく使えなくなってしまったようです

こんな状況では、 まともに 向き合っても仕方ありませんので、

2日経って いくらか落ち着きましたから、 次の準備にかかることにします



私と関係のないことですが、 ショックだったことを書きますね
一昨日は妊婦さんの検診日だったらしく、 お腹の大きい方が大勢おられました

待ち時間に 処方箋をもらいに病院近くの薬局まで行く時、信号待ちをしていたら、

赤信号なのに、 なんと お腹の大きい人が平気で渡って来るではないですか

えっ ・・・   眼を疑いましたよ

お腹に新しい生命を宿っているのに ・・・

マジ?、  信じられませでした

今度は、薬局から病院へ戻る時でした 

また 赤で渡って来る妊婦さんがいたんですよ!

見ると、 手には 母子手帳を持っているではないですか

驚きましたし、  ショックでした

これから母親になる、 この人たちは いったい何を考えているのでしょうか? ・・・

理解することができません

呆れた というか、   残念で 何か気の毒でしたね
 
皆さんは この現実を どう思われますか?


こればかりは、  病院の使命ではありません
教えることでもないですし、  治すことも出来ませんからね ・・・・・




  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR