FC2ブログ

左 ぎっちょ


244.jpg

ただ 左上から右下へランダムに筆を運んだだけの絵で、 

これといって  別に何の意味もありませんが、 

普通と何か違うことがあるのに お気づきでしょうか?
 



昨日が敬老の日だったせいか、 祖母さんのことを思い出してしまいました
両親は 大正ひと桁生まれの末っ子同志でしたので、
私が生まれた時は、 既に父方の祖母さんしかおりませんでした
その祖母さんも 小学3年生の時に亡くなってしまいましたけど、
明治ひと桁生まれ、   それは  きびしい人でした ・・・・・


とにかく、 祖母さんの家に行くは嫌いでした
行くと 右手を包帯で巻かれてしまいましたから ・・・
何故って、  私が ぎっちょ だからです
当時は 箸とペンは右手で持つのがあたり前でしたからね
だから、 たったひとりの祖母さんでしたが  あまり好きじゃありませんでした
赤ん坊の時、縁側で抱かれている写真がありますが、 甘えた記憶はありません
今でこそ 感謝をしておりますが ・・・・・ 
嫌な記憶だけが 蘇ってしまうのは、 悲しいもんです


小学校に入学すると、 もっと大変な試練が待ち受けていました
右手で、 毎日 2ページぎっしりと ひらがな書きの練習です
翌日には先生のチェックがありましたので さぼることはできませんでした
年配で女の先生でしたし、 今と違って親も教師の言ったことには服従でしたからね
殆どの人が 右を使えるようになっていたので、 矯正するのが 当然だったのでしょう
絵を描いたり ハサミとか、 野球をするのは 左手が認められておりました
あと、 給食はフォークかスプーンでしたから さほど苦にならず助かりました
今みたいに お箸だったら ・・・・・   考えただけで ゾッとしますね
先生も良かれと思って してくれたことでしょうけど、    本人には苦痛でした


ところが 3年生になって担任が変わると、 いっさい右手は使わなくてよくなりました 
なんて言われたか 覚えてはおりませんが、 
成長過程で 完全に左利きの人間が右利きにしようとすると ロクなことがない、
と いうのが 今度の先生の持論だったみたいです
好きな絵をどんどん描くように進めてくれたのも、
大人になって困らないように 習字だけは 右手で書くように言ってくれたのも、 この先生でした
やはり年配で女の先生でしたけど、 どうして これだけ考え方が違うのか、
こどもながらに 思ったものです
担任は 1年間だけでしたが、  もし この先生と出会っていなかったら、  
その後、  私は どうなっていたのでしょうね? ・・・・・


祖母さんも この年に亡くなったこともあり、
親も 右手のことはいっさい言わなくなりました
「ぎっちょでも 箸だけはきちんと持てるようになりなさい」
と だけは煩く言われましたけど ・・・・・
1学年6クラス 約260人中、 左利きは たったの2~3人です
幼稚園や小学校低学年の頃は もの珍しいから、
こどもなら、 当然 「ぎっちょ だ」 って からかったりしますよね 
私は ジャイアンツの 王選手が大好きでしたから、
左ぎっちょはカッコいいものだと威張っおりましたので、
イジメがいがなかったみたいでしたけど ・・・
でも、 この2年間は何だったのか 親に食って掛かったもんでした
今でこそ 日本で左利きも普通になりましたけど、
当時は ほんの一握りでしたし、 古い考えの人のほうが多く、
特に我が家は 保守的な家庭環境だったから、 両親もやむを得なかったんでしょう



実際に経験したから解ったことですが、

自発的に右にしようとするこどもは問題ありませんけど、

成長期に、 無理に矯正しても ロクなことがないのは確かです

私みたいに つむじまで左巻きなら、 絶対ですよ

最低限 必要なことは、 嫌でも自然と右に対応できるものですから ・・・・・

元々、 左利きは器用ですからね

左利きについては、 また他のことも書きたいと思います  


さて、 上の絵は 筆の運び方が右利きの方と逆なのが お解りになりましたでしょうか

有名な画家の絵を見ると、 どっちの手で描いたのか意外と解るものですよ




  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

その後お身体のほうはいかがですか?

そうですか、donjinanさんは左利きで、ご苦労されたのですね。

実は息子も左利きです。
今の時代は、学校で強制的に右手で、とは指導されませんが
それでもやはり、「書き初め」などには
嫌な思い出があるようです。

今は左利き専用の道具なども、
たくさんあるようですねー。

息子がそうだから、と言う訳ではなく
私の知る限り、左利きの方にはユニークで天才的な方が多いです。

今は逆に、ちょっとカッコイイ感じですよねー。
そう思いますよ。

この絵のタッチは、大きな絵の部分ですか?
気になります・・・。

Re: No title


こころのホタルさん  こんばんは

お気づかい ありがとうございます
足のむくみがまだひかず、 「膝から下が いらない!」 って感じです
かゆみも治まりませんけど、涼しくなってきたので良くはなると思いますが ・・・
台風で大変なことになっている中京の方々に なにか申し訳がありません 

ご子息がサウスポーとは、 偶然ですね
たしかに私たちの時代までは苦労もしましたけど、
今じゃ 同年代の鶴太郎さんが 左手で立派な字を書かれておりますし、
左利きに自信を持って 良いのではないでしょうか

たしかに左利きは器用と言われておりますが、 私は例外ですよ
一般的に、 真似が嫌いで こだわりは人一倍強いし、 凝り性で妥協は許しませんから、
個性的な人間や ものができるのでしょうね

道具のことを書かれていたので 驚きました
実は 次に書こうと思っていましたので ・・・
何か こころのホタルさんとは、 
直感というか インスピレーションが一致するんでしょうかね


写真は 退院して初めて描いてみた試し描きです
18×13㎝の木の板に、何も考えず 好き勝手に筆で描いただけのものですよ
この時の精神状態が表れているようで 何か寒そうですね
絵描きじゃないので 絵はあまり描きませんけど、
機械があれば、 是非 作品を お見せしたいものです

それでは  また ・・・
プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR