FC2ブログ

10月1日


200.jpg

refreshing ・・・・・・・




節目の日の昨夕、 

Z病院から カルテ開示手続きが完了した との連絡が入りました

まずはひと安心です

しかし、 ここへ辿り着くまでは長かった ・・・

安全対策管理室の責任者が邪魔していましたからね

まぁ、 時間がかかったおかげで ボロが出てきたから結果オーライとしましょう




安全対策管理者は酷いものです
「神経科の予約をとりなおします」 と言っておきながら、
私が「公表する」 と伝えたら、 その後連絡はありません
診察は別問題なのに ・・・
これは、 診察拒否に値するでしょう
だけど、 このお陰でZ病院神経科の酷さを発見することがでました


面識もない私に対して、 
過去のカルテを見ただけで 「薬が必要です」と言った神経科部長医師、
何百人もの患者さんが こんな医師に診てもらっているかと思うと、
気の毒ですし、  恐ろしいですね
このことは、 先日お会いした W精神病院の院長も驚いておりました
「あなたに薬なんか必要ないでしょう」
「その先生、 何を考えているのか解りませんね」 と ・・・・・  
 

こんな酷い精神科医に 診察してもらわなくて正解だったのでしょう
「薬が必要です」 と言ったことが正しいかどうかは、
カルテの写しが私の手もとに来れば、 解ることですからね
とにかく、  節目の日に 朗報が届いたことは嬉しいことでした



昨日、 静かに考えました

私の体験したこと、

これは もう自分だけの問題じゃないと ・・・

10月1日、  現実を変えるために

新たな気持ちで ・・・・・




  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ブログ、じっくり拝見させていただきました。
 驚くばかりの「現実」に言葉もありません。
 副作用に対する、あまりに鈍感なこの国の医療。さらには隠ぺい体質・・・。不誠実さ・・・。
 カルテの開示請求をされていらっしゃるのですね。
 ぜひ、「真実」を突き止めてください。
 患者が訴える副作用を取り上げずに、何が改善されるのでしょう。
 日本で初めての症例、とのことですが、患者の訴える副作用を取り上げないから、いつまでたっても「日本で初めての症例」なのでは? とも感じました。
 これからの展開、ブログで見守らせていただきます。
 どうぞお体に気をつけて……。

Re: No title

お忙しいなか、 時間をかけて読んでくださり ありがとうございました。

まだまだ時間はかかるとは思いますが、 必ず「真実」は突き止めます。
真面目に医療に取り組まれている医師の方々がおられても、
いい加減なことをしていながら、 平気でいる医師、医師会、製薬会社、厚労省は、絶対に許せません。
これ以上 被害者を出してほしくありませんから ・・・。
内科医は勿論、 初めて精神科にかかって、知った恐ろしさと実態、
特にW精神病院内で見てきた とんでもない事実、 患者さんが気の毒でなりません。
殿様商売をしている、お金儲けにしか見えませんでしたし ・・・。

カルテの写しが手もとに着いたら、解析を始めたいと思います。
これからは、ブログで詳しく書いていくつもりです。
ご多忙なのに 気にかけてくださり、 申し訳ございません。
勝手ですが、 今後とも よろしくお願いします。

時節がら どうぞご自愛ください。
プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR