FC2ブログ

カルテ開示 2

242.jpg

退院しても、  壁の色が違うだけ
青空のもとへは   まだ行けない ・・・・・





W精神病院へカルテ開示の依頼に行って、

1週間経ちましたが、 面談の連絡はまだありません

診察したのは院長先生ご自身だから 他の先生に確認する必要もないはずですし、 

薬の副作用で意識障害を起こしただけで他は問題ない、ということでしたのに、

院内の委員会にかけて、 開示できないような問題でもあるのでしょうか

真実を出せないようなことでも ・・・・・

まさか、  カルテを書き直しているなんてこと ないですよね ・・・・・?




昨日、Z病院の泌尿器科へ3ヶ月ぶりに行ってきました
担当医は部長先生だから カルテ開示の件は当然承知のはずですが、
触れることはありませんでした
当然 私も口に出す必要はありませんので黙っておりました
しかし、 今日の先生はいつもと違っていたんですよ
不調を訴えても、「大丈夫、気のせいだよ」 と いつもは言うのに、
今日は、 「念のため、尿と残尿の検査しましょうか」 と言ったのです
幸い尿はきれいで、 残尿量も基準内の35mlでしたので安心はしましたが、
「長いこと管を入れられていて 傷がついたんだから気になって当然ですよ」 なんて、 
今までこんなことを言われたことがなかったので驚きました
他の過去にも触れたので、 カルテを確認したのは明らかでしょう
初めのころ、「表で悪い遊びしてきたの? お姉ちゃんと遊んできたの?」
と 散々言っていた先生が、  嘘みたいでした
いったい どうしちゃったんでしょう・・・・



神経科と同じフロアなので、神経科部長先生の顔でも見てみようかと思いましたが、
意味もないし、不愉快になるのでやめました
受付の前を見ると、相変わらず多くの患者さんが診察を待っていたので、
「こんな病院の神経科なんて危ないぞ!」 と思わず 叫びたくなってしまいました
みんなではないにせよ、 犠牲になっている患者さんがすぐ側にいるのに、
何も言えないが悔しかったですね ・・・・



来週、 Z病院のカルテ開示で写しが手もとにきます

今までブログに書いた内容と照らし合わせて、

果たして一致するのか、   楽しみです ・・・・・




  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめました。かこさんのブログから来ました。私は精神病院から20年間逃げてます。20年以上前に逃げて一人で暮らして来たのですが、人格に問題がある人と家族になって向こうが社会的にマトモな場合、まず不当な入院だったというのさえわかってもらうのが難しい状態だったり、相談に行って余計怖い目に遭わされた事もあるので、ずっと逃げ続けているより仕方ありませんでした。
このような状態の怖さは、また親に見つかれば同じ事されるかもしれない、という事でした。
相談に行けば、親に確認して、親に相談しようとしているという事がばれてしまうという怖さもありました。

あなた様のブログは、この一枚目しか拝見させてもらってませんが、カルテ開示などが載っているという事は、訴訟をお考えと言う事なのでしょうか?
そういう方向にまだ進める方はいいと思います。私は精神病院で他の医者が診たら、家族性の症状だとするかもしれない患者も幾人かみました。閉鎖病棟で普通に話ができる人が居るというおかしさなども見ました。

danjinanさんは大変な思いをされたというのがブログを読むと伝わってきます。大変だったと思います。

danjinanさんは精神医療に関係する病気ではないのに、入院させられたというのは、週刊spaの記事の強制入院と煮ていると思います。
http://blog.goo.ne.jp/publicult/m/200809 週刊spaの記事の中身があるところ
今回色々とあり、保健所の精神衛生相談にも行ったのですが、そこに来ていた医師は、その記事さえspaの捏造かもしれないと言いました。最高裁判例検索サイトで出るものもあるのに。→http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=33874&hanreiKbn=04 (記事のCASE4)

今、とても奇妙な状態に置かれています。親の事で(20年以上離れて暮らしていた親ですが)今回大変真底驚かされた事があり、その事だけでなく、そこに到った事情や、それ以降も色んな公的機関や市民団体にショックを受け続けた事もあり、(その前からずっと精神病院で採血時糖尿病の境界域に血糖値がなっていると言われて以来、体に痛みやだるさがあり、冬場は街とし寝込んでいたのですが) 精神的にもものすごくまいり、動けなくなって、異様にぼーっとしたり知ってる言葉も出てこないような状態にもなり、区役所に相談し、親が送ってきた気持ち悪いEAXや貼り紙も見せ、半壊になっているアパートの画像も見せ、私は親が狂っているのか狂ったふりをしているのかわからない、本当は親に扶養の義務があるから連絡しないといけないけど、区役所はどう判断されますか?とわざわざ聞いて、区役所の申請時の担当者に判断をまかせました。
そうしたら、これは普通じゃないと言われ親に連絡しないで生活保護受給が通ったんです。そして、その時長年治療をしてない事にも、胃の内視鏡検査なども受ける方向で、とりあえず行っても行かなくてもいいから、キリスト教系の病院の医療券を出されました。申請する前の段階でしたが券は出ました。
それなのに、話が変わってきました。

話がまとまらなくてすみません。
ここには、かこさんのところに書き込んだものが説明にもなるし、まだ入るかどうかわからないので、保存してある状態なので、そのページを見て頂こうかと思ってきたのですが、その前に説明にと思って書いていたらまとまりがなくなってきたかもいsれませんので、これくらいにします。

かこさんのブログの書き込みにもリンクしましたが、今回の概要を見ればわかると思います。週刊スパの記事は参考にリンクしただけですが、これは見ていただきたいです。
http://sky.geocities.jp/oooquree/fax.html
精神病院の事も載せたサイトも最初は作っていたのですが、かえってややこしくなるかもしれないので、アパート破壊については、これだけにしたページを作り直しました。

考えてみれば、精神科医や弁護士( 今回の事で )や、本当に様々な矛盾を目の当たりにしてます。

それで、ツイッタで拡散させようとしたら、心無い名大生の挑発に乗り、アカウント凍結・・・・・

ブログ主様も大変かもしれませんのに、こんな話を載せて負担になったらすみません。
しかし、自分の場合、経済的に親には余裕があるらしい事も親はFAXに書いてきているので、物理的に私を助けられない事は無いのです。 前の弁護士には私の子供の頃の話を電話で聞かせたりして、どんない思っているか言ったりしているそうです。それなのに、アパートの鍵を交換し施錠していった夜警察から電話があっても夜なので行けないと言ったそうですが。この話書くと長くなってしまいますが、そのように矛盾に満ち満ちた行動を取って、来ます。神経が持ちません。専門家に間に入ってもらいたいです。こちらは一生遭いたくありません。今までも住民票の部屋をわざわざ借りるなどして、絶対に居場所が知れないようにしていました。前来た時には隣の部屋の人に、実は精神病院に入れてましてと言っていき(父)、養護教諭だった母は精神病院に転職したというメモを置いていきました。前も私が家の中の様子を外に相談しに行くのが嫌だったのではないかと思います。
こんなの、普通に三重県で教師をやっている従姉妹も居て(母方)放って置くのが変だと思います。家族や親戚と言うのは、共通の利害を守るユニットして社会的にも法律的にも考えられているのに。つまり助け合うべきという事だと思いますが。
年末の鍵施錠の時も、止めてくれそうな叔母(父方)に電話したのに、部屋の帰って鍵が施錠され自分のアパートなのに締め出されてしまった時に、こんなの違法ですよ!と電話したら、「あんた一人で違法と言ってればいい」とまで言われました。叔母には大家業を目的としている人ではなく元の大家が亡くなり息子さんが大手不動産屋を介し転売したのが、有限会社の不動産屋で、他の人は全部無料で追い出し(荷物置き場や倉庫だったため)私が法律に則った交渉をと調停を申し立てていたその最中アパートを半壊にした人と電話でその日の朝に、話したのにです。親にその事を伝えとめてくれと頼みました。夜締め出された部屋の前から電話した時には「大家さんが鍵変えたんて」とシャーシャーと言われました。 この叔母にしても何か変なのは知ってるくせに前もきちんと対応しなかったし今でもこんなです。 ずっと税務署で働いていて叔父が出世したから辞めなくてはいけなくなって辞めて税理士をして、今はどうも自分達で税理士事務所をやっているようです。 叔父は血のつながりはありません。 叔父は税務署ではなく国税庁らしいです。 
どうでもいい話ですが、ここの家は私と違って失うものがたくさんあるのに、こんな態度はないと思いました。私は何をしても、自動○○機のように、破綻しない行動を選ぶという事に、親は甘え切って嘗め切ってると思います。元々私と関係なく鬱屈したものを持っている人だというのは、FAXにも現れていると思います。つまりははけ口みたいなものです。親がそんな事をするはずがない、社会的にマトモな人がそんな事をするはずがない、というのを隠れ蓑に。

かこさんへの書き込み保存ページ(下書きの段階のものなので、若干tがったり、重複もあります)
http://sky.geocities.jp/oooquree/kako1006.html

No title

投稿承認ありがとうございます。
いきなりたくさん、失礼だったかもしれません。
今もですが大変焦燥感や不安があり、一応落ち着いては居ますが、何かでどどどっと、それが強くなり動揺が激しくなる事もあります。
言い訳ばかりで申し訳ないですが、はじめまして、をはじめました、にしていました。すみませんでした。

Re: No title

こんばんは、  初めまして
コメントありがとうございました。

大変なこと、  お察しします
言葉が出ませんね ・・・・

カルテ開示の件ですが、
裁判をするつもりは一切ございません
無駄ですし、 私にとって 意味がありませんから ・・・・

私など 何もお役に立てませんが、頑張ってください

時節柄 どうぞご自愛ください

No title

もう、ここには来ませんけど

こういうところもありましたよ
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/index.html  精神医療被害連絡会ホームページ
薬の被害が主なのかと思ったら、こういうものもありました。↓
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/message/soshou.html 訴訟は考えてないとのことですが一応
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/message/kokuhatsu.html 被害報告

かこさんも教えてくれればいいのに!

かこさんのところに昔BBSがあったらしく、そこの過去のgoogleキャッシュ1には酷い入院の被害報告があり、こういうのを見て慣れてるから、放っておけるんだと思ったら、こういうページもありました。
私は暴行とか服脱がされたり、保護室入所、投薬、全てありませんが、不当な拘束、同意ではないのに同意入院、あんたがおかしくないのはわかっとるとか、は言われました。

上の被害者の会は、弁護士被害者の会を名乗っているブログよりは、よくできていると思います。あのブログも批判はよくできてると思うけど、救済はどうかなと思うので。( 医者とは別の事で弁護士の被害にも遭ってます )

Re: No title

こんにちは

参考にさせてもらいます

ご親切に、 どうもありがとうございました
プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR