FC2ブログ

カルテ開示 20

派遣に行きだして半月程経ちましたが、 未だ時間が上手く使えません
一番の敵は睡眠で、これさえ解消できれば何とかなると思うのですが、
無理でしょうね、   寝ない訳にはいきませんから ・・・・
睡眠、食事、 不規則がいけないのでしょう
塩分の取りすぎもあり、 血圧が150 と少々高めになっておりますし、
足のむくみも なくなりません
一日一万歩は歩いているのですが ・・・・
なかなか上手くいかないもんです
とにかく、体には気をつけて頑張るとしましょう
いい正月を迎えたいですからね ・・・・・



カルテ開示は ここまで Z病院でのことを書いてきましたが、
正直、 書いていて嫌になりました
これから 神経科、W精神病院と解析が続きますけど、
カルテを見ていると、  あまりに 情けなくて
諸悪の根源、「鬼」 の T医師、
神経科の 若いS医師、
プロ野球選手が整形手術を受けることで有名な Z病院、
酷い病院、酷い医師、 腐りきった医療、
人の命って、  こんな扱いなんでしょうか
解析を進める前に、 どうしても引っかかってしまいました



ペグとレべを投与した C型肝炎の治療中に副作用で、
既に躁うつの症状がでていたのに、 何故治療を中断しなかったのか?
神経科で多剤処方されて意識障害を起こすまで、 何故何もしなかったのか?
「併診のお願い」 の紙切れ一枚だけで、 
ペグとレべの副作用もろくに解らない神経科医に、 何故 丸投げしたのか?
解らないことだらけです ・・・・・



もう一つ、 入院当日まで 株取引を心配していた私に、
「日経新聞は病院でとればいい」 と言った T医師
真面目に 株取引ができると思っていたのか?  疑問でなりません
本当にそう思っていたのなら、 副作用の酷さなど 解らなくて当然ですよね
こんな 「鬼」 が消化器内科の部長を何年もやっていた Z病院、 恐ろしい病院です
退職後、近くで開業し、 Z病院の患者を紹介してもらっている「鬼」、
絶対に ・・・・・・・   許す訳にはいきません



朝日新聞で C型肝炎治療の記事が連載されていることをコメントで、
こころのホタルさんから教えていただき知りました
投薬に付きもの副作用がいつも題材になるのですが、
個人差はあるものの、 副作用は あって当然ですから、
そんなことばかりとり上げていて、 一体何の進歩があるのでしょう?
今、患者が知らなくてはいけないのは、  治療・医療 の裏側の部分のはずです
多剤処方で、 あげくのはて 精神病院送りになった、
私のように ならないために ・・・・・
医師会や厚労省、製薬会社からの反発が怖いのか、
真の部分を書きたがらないメディア、 いい加減にしてもらいたいですね



  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなか生活のリズムができないと
体調維持も大変と思います。
どうぞご自愛ください。

Re: No title


お気づかい ありがとうございます
これから もっと忙しくなるとおもいますが、
健康状態には充分気をつけてまいります
40のおじさんも 無理しないようにしてくださいね
来年に向けて、 お互い 頑張りましょう! 
プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR