FC2ブログ

カルテ開示 28

神経科からの 「診療情報提供書」 は 先日書いた通り、
08.17 付になっておりますが 全てが印字されており、
18日付でなければ おかしい内容が記されていました
内容は言うまでもなく、 生立ちから現病歴まで 他のものと同じですが、
「C型肝炎に関しては現在は治療中止となり、
精神症状改善したのち治療再開を検討する方針となっております」
と 一番最後に記されています ・・・・・  何故でしょう?
そして、 23日付の 消化器内科 T医師からの 「患者紹介状」 には、
ペグとレベの治療の経緯が書かれていて、 やはり一番最後に、
「C型肝炎の治療は8月14日のペグイントロン投与にて中止いたしました」
と 記されておりました
「治療再開? 」、消化器内科の T医師が書いているのならまだわかりますけど、
何で神経科の S医師が書いているのでしょう ・・・・?
それも 17日付で ・・・・・
T医師が 「知らないうちに搬送されている」 と言うのが本当なら、 
密な打ち合わせなど していたとは思えませんし、
本当は知っていたとしても、 理解することはできません
たしか、 何かあったら その時は治療はできないようなことを言っておりましたし、
退院後の診察で 「残念だけどもう治療はできない」 とはっきり言われました
薬で原因で起きた「躁状態」 だから治まれば問題はない と されていた訳ですが ・・・・ 
この部分は 後にまた書く場面があると思いますけど、 
???????????? ・・・・・  とにかく疑問だらけでわかりません



18日付で S医師宛てに 「御依頼御返事」 が A院長から出されているので、
当日に 情報が伝わっていたのは間違いありませんけど ・・・・・ 
付記を見ると、 「インターフェロン ・・・・ ?」と何やら記されてます
A院長が 「アル中かと思った」 と言っていたとおり、 
搬送時は詳細な情報がなかったのか?
17日付の S医師の 「診療情報提供書」 の作成前、内容だけ先に伝わっていたのか?
23日付の T医師の 「患者紹介状」 が来るまで解らなかったのか?
詳細が解っていてのことなのか?
・・・・・・・・・・・・  真実がわかりません



C型肝炎治療薬がひきおこして診断された 「躁状態」
消化器内科の詳細より 神経科の詳細のほうが重要視されている訳ですが、
「無治療で回復する」 というのに、 何故 W精神病院の世話なったんでしょう?
激しい躁状態だったから、 と言われれば当然かもしれませんが、
理屈はわかっていても、  どうしても納得ができません
Z病院の T医師と S医師、 それに管理している Z病院本体 ・・・・・  わかりません



わからないことだらけですが、

紐をほどきながら、

これから 救急搬送されてからのことを書いていきます




  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR