FC2ブログ

カルテ開示 34

3連休も終わり、仕事も残すところ日勤であと3日間、

休むことなく、なんとか ここまで来ました

あとは無事に終われるよう、集中しなければいけませんので、

気のゆるみ、 気をつけないといけませんね





さて、W精神病院 「看護記録」 2006.08.19 のつづきです

06:20  鬼声(やはり 「鬼」 という字でした)  早くはずせよ! 早く!!
      起こせよ! おしっこだよー!
      排尿介助 200ml  尿器にて

06:30  顔洗って 歯ミガキして ひげ剃って(訴えたのか?)
      早くはずして!
      喉痛い! 腰痛い
      大声でさけぶ
      T=37.6℃、 P 88、 BP 142/70
検温気にする、 値を伝える   黙っている
      抑制の苦痛 強く訴えるが ・・・

07:30  鬼声  バカヤロー!! アー!!
      手足バタバタさせて怒鳴っている
      鬼声  起こしてくれよー!
      全身動かして要求

08:00  鬼声  足首はずしてくれよー!!
      ナースが ・・・(以降解読不可)
      閉眼のまま ・・・(以降解読不可)

08:30  体動あり
      肩、四肢、胴 ・・・(以降解読不可) 
      (この看護師が記したものは前出を含め読めない文字が多すぎ)

09:20  飲水 100ml 水要求あり  むせ込みなく飲水する
      口腔内乾燥著明

09:45  朝食  主食 1口、みそ汁 100ml、バナナ(?)
      朝薬服用  足をはずせ、 背中が痛い
      起こせ、 ここは何区だ 本牧か
      大きな声で云うが疎通一部あり

10:00  拘束の不自由さを訴える

10:15  採血

10:50  飲水、 体交(?)
      体交(?)くり返す、  飲水あり
      排尿  しびん内に 200ml 尿意あり

11:00  T 37.8、 P 92
      さむいよ
      アイスノン交換  うとうとしている

11:30  おこすんだよ、前に引っ張るんだよ
      うとうとしているが、時々発語している

11:45  排尿  しびん使用で 300ml
      時計希望  時計持ってこい、あるだろう

12:00  昼食  主食 1口、副食 3口、飲茶 飲水良好
      昼薬服用  問題なし
      排尿 300ml しびん使用、 尿意訴える
      肩抑制緩める

12:50  排尿 200ml
      大声にて はずせ、 しょんべんだよ 起こせ
      と言って手足をバタバタ動かす
      おむつはむしり取りマジックテープの部分が裂けている
      (この時点でおむつ? バルーンはまだのよう ・・・?)

13:00  静かになる

14:15  T 38.2、 P 79、 BP 141/80
      体熱感あり  口唇乾燥あり
      うとうとしている
      オムツを全部剥いでいる
      排尿 170ml  尿意あり訴える

15:00  点滴抜針  ②の滴下早めで継続がうまくいかず、詰まってしまう
      入眠中
      (①ラクテック 500ml、 ②ソリタT3、点滴を投与されていたみたいです)

15:30  T 38.5、 当直医に報告
      点滴③(?)開始  左前腕より翼状針にて

15:45  飲水希望するも 2口位

16:10  排尿 180ml位  おむつを払いのけている

16:30  アイスノン交換  入眠中

17:00  T 38.2  クーリング中

17:30  (解読不可)

17:40  排尿 200ml  小便、小便するよ

18:30  夕食声かけ
      そんなの食わねー、 メシはいらねー
      これ外せ、言うこと聞け

19:00  T 37.7、 P 92、 BP 135/58
      ピン札 金 35万持ってこい
      そこにあるのはわかっている
      ラジオと他の物 持ってこい
      (本牧といい、お金といい、この時はテロリストの夢、幻覚症状状態だったらしい)
      アイスノン交換、 
      (薬のことらしいが、以降解読不可)

20:00  入眠中

21:00  左手外せよ、 おれはぎっちょ(左きき)なんだよ

21:30  排尿 200ml  尿器介助にて
      そこにあるバックからパスポート出せよ
      (間違いなくニューヨークでテロリストの会合に出席している夢だろう)
      病院の説明し ・・・(以降解読不可)

22:00  入眠中

23:00  尿 失禁  オムツ内にあり
      小便してしまった



これでやっと 8月19日が終わって訳ですが、
私にとって、どんなに苦しくて辛い長い1日だったのだろうか ・・・・
記されているだけでもこれだけ沢山のこと、
読んでいると そう思えてなりません
幻覚症状で本人の意識はありませんでしたが、
夢の中でも確かに痛かったし苦しかったですよ
テロリストだったり、別れた娘だったり、殺されたり、
訳の解らない夢、幻覚、 恐い思いをしました
薬が抜けるまで、こんな状態が 2週間も続いたんですよね ・・・・・
これが精神病院でおきている現実です
翌日からの記録を見ても酷い状態だったのがわかります
いきなりこんな状況になって、冷静でいられる人がいるのでしょうか?
意識障害をおこしているからといって、
抑制され、体の自由を奪われたら発狂しても当然じゃありませんか?
覚せい剤の使用とか 罪の意識はありませんし、
更生するために薬を抜くのに努力するのとは訳が違いますからね
こんなになるなんて、思ってもいませんでしたから ・・・・
この恐ろしさは、間違っても体験してほしくありませんから、
薬の恐さ、頭にインプットしておいてくださいね
少量であろうと、体調や環境、かけ合わせ次第で、
恐ろしいものに変わってしまうことをお忘れなく!

      

A院長は確かに薬を抜くために治療してくれたんでしょう
食事をまともにとれないから栄養補給も必要だっただろうし、
毒を抜くために点滴が必要だったんじゃないの?
素人の私は そう思いました
しかし、頻繁にでてくる 「排尿」、
まだバルーン(管)がでてきませんが、
オムツにバルーン、 そして尿路感染、
独居房での衛生面、
記憶では過去に書いたとおり、 それは酷い部屋でした
そんな中で、抑制されていても暴れていた私、
きちんとした処置をしていなかったに違いありません
A院長が言った言葉、
「そりゃ管を入れていたんだからキズがついて当然だよ」
「ここじゃ治療できないから、あとは Z病院で診てもらって」
退院後の今でも調子が悪い男の大事な部分、
こんなところまでおかしくなってしまったというのに、
これが当然という医師の考え、いや 人間性が、私にはわかりません



この時点では 「Z病院からの詳細が届いてなかったから大変だった」、
と A院長は言っている訳ですが、今まで書いたとおり、
A精神病院宛 神経科 S医師の 17日付「診療情報提供書」、
Z病院 神経科宛の 18日付 「御依頼御返事」、
A精神病院内 内科医の 18日付 「併診依頼」、 
A精神病院宛 消化器内科 T医師の 23日付 「診療情報提供書」、
Z病院 消化器内科宛の 23日付 「御依頼御返事」
どれが、 いったい何が本当なのかわかりません



Z病院 消化器内科 T医師の医師としてのモラル、
訳も解らずこの病院に送った 神経科の S医師、 
私を闇に葬ったこの 2人の医師、皆さんはどう思われますか?
Tはペグとレベの投薬をしていた張本人なのに、神経科へ丸投げし、
Sは Tと連係も取らずに A精神病院へ送り、
Z病院は知らないふりをし、そして製薬会社の M社にしても、
あまりに やってることが酷すぎますが、
書くごとに、真実を隠してることがだんだん明確になってきたようです


つづく



  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
                      にほんブログ村             
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR