FC2ブログ

ビュッフェと私


ビュッフェ・青い紫陽花 010

ベルナール・ビュッフェの青い紫陽花
花のシリーズには何故かバックに縦の線がある ・・・・





昨日、製作に必要な材料を買いに行った帰りの車中、
非常ドアが後ろにある白い小型バスが目の前を走っていた
後部座席には障害者らしき若い男性が4人乗っているのが見えましたが、
その光景は、私には何故だか護送車で護送されている人達ように思えてしまったのです
彼らはこれから何処へ連れて行かれるんだろう、なんて考えてしまいました
後ろの非常口と窓の作りが錯覚を起させたのか?
ボディーに施設の名前が入っていたり 緑ナンバーだったら、
そうは見えなかったとは思いますが ・・・・
こんなように考えてしまうなんて、
私は普通の人とは何か違う脳でもあるんですかね?
あるとしたら、6年前のあの時から ・・・・?



そんな光景を見ていると、
今度はW精神病院に入院していた時のことが頭に浮かんできてしまいました
よくあることだから別にどうこうはありませんが、
昨日はビュッフェのことを思いだしたんですよね
創作を始めたからでしょう ・・・
廊下の本棚に 有名画家の詳しいことが書かれた本があり、
眠れない時によく読んでいましたが、
特に好きなルソーとビュッフェは念入りに見ていました
ゴッホやルソーにしても、大成した画家で悲運も苦境も苦労も知らない、
陰もない人間なんて殆どいませんけど、
ビュッフェに関しては 若い時に酒と女に溺れ、
何年間か精神病の施設で暮らしていたそうです
あまり知られていないみたいですけどね ・・・
来日したこともあり、日本を題材にした絵も描かれたり、
世にたくさんの作品を残しましたが、
最後はたしか自殺?したのではなかったでしょうか?
彼の作品は どこか陰がある絵が多い気がしてなりません
死ぬまで、精神的 陰の部分から抜けだせないままだったのではないのかな ・・・・



下の絵は1953年に描かれたようですが、
まるで私が2週間入れられていた独居房そのものです
私は床に寝かされていましたけどね ・・・


純粋の深求 009



彼が施設に入っていたのは、おそらく70年以上も前のはずです
この絵を見たときは驚きました、
この頃から何も変わっていないのかよ ・・・・ って
実に恐ろし精神病院の現実です
意識が戻ってから、 とにかく ここから早く出たかった
当時、彼はどう思って思っていたのだろう?
花の絵の後の縦線は、 もしかしたら やっぱり鉄格子じゃないのかな?
何故か、そう思えてなりません ・・・



ビュッフェと私

不思議なことですが、

人生に於いて、

これは成るべきして成ったこと、 

きっとこれも何かの縁でしょう

プラスの・・・・





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

先進医療の進歩には目覚ましいものが、有りますが・・・・・・。

精神科は・・・・・、嘆かわしいかぎりですね。

・・・・・・・・・言葉につまります。

Re: No title

こんにちは。

病院 とは名ばかり、
実際は監獄といってもいいでしょう。
いや、 もっと酷いかもしれません。
異常時に入れられるのだからこそ、
本来は衛生的にも環境的にもきちんと整えなければならないはずですが、
これが現実です。
全国で毎月1500人以上の人が精神病院で亡くなっているのが納得できます。
本当、 言葉につまりますね ・・・・・

No title

こんばんは。

今朝はコメントをありがとうございました。

ビュッフェの絵は観に行ったとき、かなり衝撃を受けました。
あまりじっと観ていたくない、目を反らしたい、そんなインパクトの強い絵でした。
そういった背景があったことは知りませんでした・・・
思わず、家にあるポストカードを並べて見てしまいました・・・
確かに壁の色でも、それを連想させるものがありますね。

No title

こんばんわ♪
絵綺麗ですね!
青は宝石みたいな輝き!

Re: No title

りーさん、こんにちは。

それがビュッフェの絵なんですよね。
陰のない車シリーズからはとても想像できませんけど ・・・・

Re: No title

lingminさん、こんにちは。

私は 黒にvividな色使いが単純に好きです。
その絵が何を訴えているかは別として、
綺麗なものは綺麗、
絵を見た瞬間にそう思うものですよね。


プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR