FC2ブログ

カルテ開示 49 質問状を出して2週間

Z病院へ質問状を出してから2週間、

連絡はまだありません

当時の医師がもういないので時間がかかるとは聞いておりましたが、

電話一本もないとはね、

せめて経過報告だけでもしてくれれば と思うけど ・・・

毎度のことですが、これが彼らの常識ってことでしょう





正しい診療内容であったのならすぐに答えられるし、

冗談じゃないって 反論なり説明をすぐにするんじゃないのかなぁ?

もし私が医師の立場だったら そうするけど、

違いますかね?

医師としてのプライドってものはないのでしょうか

人様の命を預かる、いくらお忙しい先生だからといっても、

カルテに書かれていることぐらい簡単に答えられるはずですが ・・・

これじゃ、疑われてもしかたありませんよね、

診療が間違っていたから逃げているとしか思えません

これだけの時間をかけ、はぐらかし続けてていた訳ですから、

Z病院側も 初めから向き合うつもりなんか無かったってことでしょう




こういう状況で何年もいると、

ストレスは蓄積され 精神的にけっこう辛いものがあり、

正直いって、発狂してしまいそうなことが何度もあります

いくら自分にも非があろうと、ここまで してやられてしまうと、

どんなに悔しくても悲しくても 涙すら出ない人間になってしまいました

湧き水のように込み上げてくる怒りと不安を抑えながら、

日々、己の心と闘い生きている私のことなど、

医師でありながら、彼らは何とも思ってないんでしょうね

医師である前に人であることすら おわかりではないみたいです

この様なことが平気でできないと医師として勤まらないのが、

残念ですが 医療の現実なんでしょう ・・・・




そもそもの原因はC型肝炎の治療薬、

ペグ・イントロンとレべトールの副作用で精神疾患になってしまった訳ですが、

ブログを1年間書いていて思ったことがあります

このブログを見てくださっている方でメンタル関連の人達は多いけど、

C型肝炎関連の人はゼロに等しいってことです

訪問しても殆どの方は反応がありません

裏返せばペグとレベで副作用が酷かった人は少ないってことですかね?

あれこれ考えると疑問でなりません

副作用があるからといって、

みんなが皆ブログを書いている訳じゃないのでなんとも言えませんが、

それにしてもねぇ ・・・・


精神薬の副作用ばかりが酷いことになるのでなく、

一般薬の副作用でも酷いことになってしまう恐さを、

当事者である私がもっと伝えていかないといけないんでしょうね ・・・




大切なご自身のからだ、

薬を飲まなくても寝ていれば治るような風邪などは別として、

医者だからといって 全てを信用せずに、

なってしまったであろう病気のことは自分でもよく調べ、

特に薬のことには注意しなければならないでしょう

私みたいになってしまったら、

取り返しがつきませんからね ・・・・




何度も同じ様なことを書いておりますが、

少しでも多くの方にこの現実を知ってほしいがためにのこと、

ご理解いただければ幸いです ・・・・






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントします。

大変な目にあっている様子で、いろいろ考えさせられました。

梶も良い先生とか医者に会ったことがありません。
最近になってとある怪我の検査でよい医者に診てもらえてる状態になり、こういう人もちゃんといるんだって思えてきました。

それとはまったく別次元のお話かもしれませんが、改めて、新しい病院に行った方がいいと思います。
(もうすでに言っていたらすみません)
責任問題の話かもしれませんの軽い気持ちで言えませんが、これから大事なのは自分自信の体や精神の問題と向き合うという事だと思います。

治るなら出来る限りの方法は試みた方が、「まずは」良いかと思います。

鬱になりかけて、毎日死にたい・・・って思っていた時期がありましたが、これと闘うと決めた時から梶の人生も変わって行きました。

早く未来に目を向けられるといいですよね。

戦う姿から、人に伝わりやすい熱となるような気がしてます。

Re: No title

kaziさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
やさしいお気持ちのお言葉に感謝します。

いい先生だっていることは百も承知しておりますし、
仰られていることは確かですが、
現在は既に違うステージで物事を書いているつもりです。
大変申し訳ありませんが、
ご理解していただくには過去のブログを読んでもらえればと思います。
文章力がないのでご迷惑かけてしまいました。
ご気分を悪くされてしまいましたらお許しください。

No title

こちらこそ、浅はかな読みで申し訳ありません。

梶は面倒な怪我の状態が長いもので、多少疲弊してるようで(^_^;)

少なからず、いろいろ思っている方がいるという事が分かっただけでも良かった・・

と正直に思ってます。

多くの人に現実に起こる想いって言うのが伝わるといいですよね☆

コメント返信、ありがとうございました☆

Re: No title

とんでもございません、
こちらこそ、 ご無礼お許しください。

同じクリエーターといったらkaziさんに失礼かもしれませんが、
求めているものは共通しているような気がします。
そんな中で自ら戦っておられる最中、
ご自身のことはさて置き ストレートに助言してくださったのですから、
感謝しております。
本当にありがとうございました。

kaziさんも頑張ってください!

プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR