FC2ブログ

薬の副作用で精神疾患になり思ったこと

6年前のペグイントロンとレべトールの副作用で躁状態になっていた訳ですが、

副作用の認識不足、知識が無知だったことを悔やんでおります

当時、頭がおかしいとは思っていましたが、

まさか自分がそんなに酷い精神疾患という自覚はありませんでした

恐ろしいことですが、自分じゃ気がつかない間に侵されていたんですね

酷い副作用を予知していれば、T医師の言葉など鵜呑みにせず手を打てたかもしれません




覚せい剤以外のヤバイものはガキの時分ひと通りかじってきましたが、

これ等は、これから気持ち良くなろうと 自分の意思でやる訳ですから、

心の準備もありすし、脳に変化があっても何らかの対応ができます

一応 脳に危険を察知するパーティションができてますからね

ヤバイと思ったらやめられますし ・・・

お酒だって酔うものと分かっていて飲む訳ですから、

セーブしたり飲みすぎたりするので同じです

旨くないと思えば飲まないし、ヤバイと思ったら深酒だってしないのが普通でしょう

自覚や予知さえしていればなんとか回避できるものでも、

準備もなく突然に想像もしていない現実が起きると、対応ができないものです

ペグは決して ハイになったり飛んだ訳じゃなかったので、

自分じゃ全く 何がなんだか解りませんでした

上手くいえませんが、事前に自覚さえしていれば変化に気がつくけど、

自覚がないと何がどうしたかなんて解らない とでもいいましょうか、

例えがおかしかったかもしれませんが、

治療するにあたって、如何に勉強不足で考え方が甘かったかですよね ・・・




精神薬だって同様のことが言えるのではないでしょうか

退院して2年ほど経ってから神経科で数種類の精神薬を処方され飲んだことがあります

この時は、心の準備と予知することができたからでしょう、

何回かは飲みましたけど、 止めましたね

当時は生活も自身も荒れていましたけど、

「こんなの飲むんだったら、酒飲んだほうがよっぽどましだ!」 と思いましたから ・・・

以前のブログでも書きましたけど、精神科医に面と向かって、

「あなたに私のことは治せないよ」 と言ったことがあります

私の場合、意識障害が酷く精神病院の独居房で抑制されるまでの体験をしましたし、

ヤク物特有の精神状態も恐さも危険性も解っていたからかもしれませんが、

いくら精神が病んでいても 精神薬を拒めたことは本当に良かったと思ってます

しかし、実際にはヤバイとわかっていても嵌ってしまう人も多いんですよね ・・・




病気も薬の知識もなく医師を信じ、

知らないうちに精神薬浸けになってしまった方は、

私同様 自業自得かもしれませんが、 気の毒です

まわりの人達が早く間違っていることに気づかせ、 目を覚まさせてほしいと思います

自分の意思で飲んだとしたら、準備された脳が働くはずですから、

危ないと感じたらやめることは可能ですが、

上記で述べたように、予知もなく飲み続け侵されてしまってるとしたら、

残念ながら本人に自覚というか 間違っているという意識はまったくないはずです

誰かが気づいてあげないと 私が6年前に体験したような、

恐ろしいことになってしまう可能性があるかもしれません ・・・・




問題は 精神薬と副作用の本当の恐さ知らないで、

一瞬でも楽になりたくて、自分の意思で薬に頼っている人です

覚せい剤に麻薬、シンナーや精神薬だろうと、

種類が違うだけで ヤクに変わりはありませんので、

頭を異常にさせるような物が、病気を治せるはずはありません

合わないからと薬の種類を変えたという話をよく聞きますが、

薬が合うってことは、ヤクが効いてるってことですよね、

これって嵌るってことで、一番ヤバイんじゃないでしょうか?

気分が良くなる訳だから、手放せなくなっちゃうんじゃないのかな ・・・

いくら精神的に辛いからといって薬に頼るのは如何なものでしょう?

気晴らしに飲むお酒は個人差はあるにせよ、

そう簡単にアル中になることはありませんが、

ヤク(精神薬)は一発で嵌ってしまう可能性があるから危険です

ご自分でもヤバイと気がついてる方がおられましたら、

飲むのは 止めるように努力することをおすすめします

「わかっているけど止められない」 

その気持ちもわかります ・・・

だけど、 一度きりの大切な人生です

一度壊してしまった頭と体は元どおりになりません、

きっと後で後悔するでしょう ・・・・




W精神病院を退院してから今年で6年、

屈辱を受け続け とんでもない現実と未だに闘っておりますが、

私みたいに取り返しがつかなくなってからじゃ遅いと思い、

体験をもとに、気がついたことを参考になればと思い書いた次第です

どうかご理解ください

薬(ヤク)の恐さ ・・・・

どう解釈するかは、ご自身で判断していただけたら と思います





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おことわり

06-24-22:41様

以前から申し上げておりますように、
貴殿の仰っていることは よくわかりませんし、
私のブログの主旨に反するものがございます。
よって、今後は内容次第で消去させていただきますので、お知らせしておきます。
悪しからず。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お礼

06-25 12:30 S様

貴重なコメントをいただき、どうもありがとうございました。
とても嬉しい内容に、心も落ちつきホッとしております。
当方、つい暴走しがちなところが多々ありますが、
目的に向け これからもブレることなく書かせてもらいますので、
今後とも よろしくお願いいたします。

じめじめした 体調を崩しやすい今日この頃、
ご多忙とは存じますが、時節柄どうぞご自愛ください。

プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR