FC2ブログ

単純な不具合の原因とは ・・・


梅雨 2012 040

雨模様の昨夕のベイブリッジ

昨日で某所での仕事は終わりましたが、

ここでの作業は緊急対応なので めちゃハードです

朝はこの橋を渡ると 嫌でも戦闘モードに突入し、

夕はこの橋を渡ると解放され ホッとしておりました

しばらくの間、 ここは通りたくないですね ・・・・






海外で生産された部品の検査 

仕事があるのはあり難いことですが、

何で頻繁に これだけの不具合品がでるのでしょう

それも毎回 単純な不具合です

現地での検査、管理がきちんと行われてないとしかいえません

大手のメーカーや商社であっても これじゃねぇ、

日本人が本当に管理してるのか疑問ですが、

どうもこれには原因が ・・・・




もう30年も前のことですが、中国の天津でTシャツを20万枚製造しておりました

今でこそ日本の企業で日本人が管理してる工場はもちろん、

検査会社を抱えているのがあたり前の中国ですが 当時はそうありませんでしたし、

商社を通さない限り、弱小の企業なんて そう簡単に物づくりはできなかったものです

(その中国も、時代の流れで生産拠点としての役割は もう終わってしまったようですが・・・)

オーダーかけたとしても指示書とおりに寸法が上がってこなかったり、

生地からして織むらがあったり縫製も酷く、B品(不良品)があるのがあたり前でした

当時、プリントTシャツといったらアメリカ物、へインズが主流で、

中国市場は上海が主でTシャツなんぞ丸胴で斜行してたり穴あきがあるのも当然で、

天竺で高番手のコーマ糸を使った製品を作りたいと言ったら笑われたものです

そんな中、受けてくれたのが名古屋の問屋さんでしたが、

そこで言われたのが、「管理に日本人を張り付かせるから高くなるよ」 でした

それまで見ていた中国製品、サンプルだけで信用できるのか、

日本人に受け入られる品物が中国で本当に作れるのか不安でしたけど、

繊維が得意の中堅商社を通して、それはもう指示書通りの素晴らしい製品ができ上がりました

問屋さんが企画に乗って5万枚上乗せしてくれたのでコスト面でいくらか助かりましたし、

全ての管理がきちんとされていた事が何よりでした

日本人の知恵と力と能力を見せつけられましたね ・・・

指示通り、ダースごとに紐で縛られた紙梱包に検印、

2割はB品がでても当然の時代でしたが 全くといってもいいぐらいB品はなく、

縫製技術は糸の始末に至るまで、これが本当に中国製?かと当初は目を疑ってしまいました

因みにミシンはもちろん日本製でしたけど、縫い子さんは全員が中国人の女性達です

お陰さまで、様々な業種へいろいろなプリントをのせて納めることができたました

値段が多少高くても品質がしっかりしていて 他社の商品よりは幾らか安く提供すれば、

絶対に口コミで広がり消化する自信がありましたからね ・・・




しかし、すぐに真似をされることや商社や大手にやられたらすぐに値崩れをおこし、

踏んだり蹴ったりになる事も分かっていたので、

2年はデザインを少し変更して、あとはピタッとやめました

2年目は1年目に3万枚購入してくれた当時は有名だった某大手ファッションチェーンが、

殆どがコピーといえるような物を大量生産しましたし 他でも似た物が大量に出回り、

案の定、値崩れをおこしてしまったのはいうまでもありません

当社は丸首をVネックに、あとはパイピングの幅とサイズを少し変更しておりましたので、

巻き込まれることなく値段もそんなに下げずに消化できました

レコード会社とか雑誌社や企業の販促がメインだったのも幸いしたんじゃないのか な

当時からスキあらばやられても当然というものはありましたし、

力関係がモロにものをいった時代でしたけど、今とは全然違います

金儲けにはどん欲で騙し合いなんか当然でしたが プロはプロなりの拘りを持ち、

プライドのぶつかり合いとでもいうのでしょうか、商談中に喧嘩もよくしましたが、

一旦話が決まったら値段に見合う仕事はきっちりとこなしていましたよ

市場には魂が入ってるような商品がいっぱいありましたね ・・・

不良品やクレームがなかった訳じゃありませんけど、

今日みたいに同じようなミスは犯さなかったはずです

大手なら尚更、 信用ってものがありましたからね ・・・・




少々ズレてしまいましたので話を戻しましょう

当時、天津のはずれ辺りはまだ あまり手がついてなかったからだとは思いますが、

日本で工賃の高い工場を使ったのと変わらない、それは見事な仕上がりでした

上海などとは違い仕事も少なかったはずですから、働く方も真剣だったのでしょう

今みたいにPCがある訳じゃなく 情報網などそうありませんでしたし、

工場より楽で華々しい販売やサービス業の仕事なんかも今みたいにそう無かったから、

働く人達は真面目で、きっと一生懸命だったに違いありません

色々な種類のプリントをのせて送ったTシャツを着た工場の人達の写真を、

問屋さんに観せてもらった時は嬉しかったですね

しかし翌年、数種類がコピーされ別ルートで流されたのにはまいりました ・・・・

版権があろうが、経営者はお金儲けの為なら何でもありです

商社の専属工場ではなかったので、 仕方ないでしょう

どうしても認識が違うから 厄介な問題です

今も昔もやったもん勝ち、 なんの変わりもありません

工員さん達は何も知らないでただただひたすら縫い続けているだけ、

どこの国でも末端はしんどいですね ・・・・




そんな中国も人件費が高騰してしまい採算が合わないので、

生産拠点としてはもう終わりなのはみなさんご存知のとおりです

これから地図でもっと下の方へと行く訳ですが、

他の国は大丈夫なんでしょうか ・・・?

どこの国で生産されようが、もっと日本人がきちんと管理できない限り、

いくら器用だろうと、結局 中国と同じことの繰り返しじゃないのかなぁ 

そう思っているのは、 私だけですかね

日本人ですら、日本人の心や気質が失われていく今日この頃、 期待はしていません 

それに、発展途上の国へ次から次へ移すといっても限りがあります

子どもでも説明すれば分かるような事を繰り返してばかり、

行き着いてしまったら いったいどうするのでしょう

とても日本人だけの発想とは思えません ・・・・




いつも、あまりに単純でくだらない不具合だから疑問です

まぁ 単純だから見落としてしまうものなんですけどね ・・・

生産作業員も検査員も日本人じゃないことの意識が管理者にあるのでしょうか

何もかも機械任せで 疑うことや面倒なことを避ける世代なのか、

おそらく意識のレベルも低いんでしょう ・・・ ですが何故か気の毒です

何で気の毒かって? 彼らは日本人の教えを受けられないし、

受けたとしても生かすことができない環境に立たされているからです

国によって合格の基準が違おうと 日本で生産したいのなら、

本来なら日本の基準に合わせるのが当然ですが、その通りにならないのが現実です

生産拠点では既に日本が仕切ることなどができなくなってしまってるんでしょう

海外生産をしている多くの企業は、だいぶ外資が入っていますからね

残念ながら表向きは日本企業でも 実権を握っているのは外人さんっていうことです




これは今後の日本にとって重大な問題ですが お気づきでしたか?

今や外資に支配されつつある日本の現状を

平和ボケした日本は彼らからしたら絶好のマーケットなんです

都合のいいように利用し、使い捨てでしかないという彼らの心中がお解りでしょうか?

いい例が自国では使用できなくなった人間に害のある薬ですが、

日本では国をあげて その薬のCMを洗脳するかのように流しております

在庫処分場と化した日本と対象とされた若い日本人女性、

病人にさせて更に薬を売ろうという恐ろしい作略です

それを容認している日本国政府、 

我々は何をすべきでしょう ・・・・

この件は長くなるので改めて書くことにしますが、

古いところではミドリ十字や 最近では原発の事故じゃありませんけど、

目の前にごろごろしている まさかと思うような危険、

気がついてからでは遅いのではないでしょうか

安全なんてものは、 今の日本には絶対ありません ・・・・



尚、全てにあてはまる事ではございませんので そこのところはご理解ください

自分の体験に基づいた、 あくまでも私見ですので ・・・・




今日の記事と共通する、

「MADE IN JAPAN」

という言葉が近頃やたらと耳に入ってきますけど、

疑問でなりません ・・・・

チャンスがあったら書いてみたいと思ってます





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

donjinan様へ

本当だ!
私もびっくり!!
サンダルの記事ですね[笑]

面白いですね、私は偶々サンダル買って改造した。
どうしても、買ったまま履かないですね、デザインはどうしても残念なところが有ります[笑]


Re: No title

lingminさん、
早速 ありがとうございました。

子どもの頃を思い出しながら作製中ですv-205
完成するまでもう少々お待ちください。
偶然とはいえ、本当に面白いですねv-325

話は変わって、
中国でTシャツを生産していた時のことを書かせてもらいましたが、
気になるところがあったら遠慮なく申しつけてくださいね。
よろしくお願いしますi-197

プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR