FC2ブログ

JRの事故

JR北海道の脱線炎上事故でまたボロが出た
事故に遭った列車に、社員12人が勤務時間外とはいえ乗り合わせていたのに、
何も対応しなかったみたいだ、せめて非難誘導ぐらいは出来ただろうに ・・・
会社側は、「危機管理体制を見直す」 と言ったそうだが、今更 何を考えてるのかね?
先日も、居眠り運転を乗客に撮影されてたり、煙が出たり、ATSの不具合だとか、最低でしょ


事故が起きても この有様だから、5年前に遭った私の体験なんて相手にしなかった訳だ
謝罪文を持って来た時なんて、ネクタイ組が3人に 駅長は白い制服(夏の特別用?)姿で、
如何にも謝罪しに来ました、って感じだったけど、やはり 形式にすぎなかったのかな
地域が違うから会社は別だけど、元は同じ国鉄なんだから、
「危機管理体制」は全国共通で 統一されていて当然のことでしょう


陸運各社、特に張本人のJRは福知山線脱線事故を教訓としていたはずなのに ・・・
106名もの大切な命を奪われた 家族や友人、同僚、恩師、生徒 ・・・
残された方、怪我をされた500数名の方々はどう思っているのだろう、 気の毒だ


小さなことだが、JRは助役より偉い駅員が今だにいる会社だ、
駅員に原因があって客とトラブっても当人は謝らず、代わりに謝るのは助役、
これが事実だから困ってしまう
今回の事故も関係があるが、それが何かは皆さんに考えてほしいですね
まあ、国鉄時代の人間がいなくなれば、こんな低レベルなトラブルは無くなると思うけど? ・・・
リニア新幹線が開通する頃にはまともな会社になっているのかな?
あるいは、計画が頓挫したりして ・・・


JRに、「教訓」は無意味ですね、東電も同様
小さなこと、つまらないことを 疎かにしていれば事故が起きても不思議ではないでしょう
120%努力しても100%にしかならない訳だし
昨日も書いたけど、全て、意識の問題ではないのかな ・・・


  人気ブログランキングへ  何事も全て、つながっているんだよね
スポンサーサイト



プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR