スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の余裕

水曜日あたりから腰痛で少々辛かったけど、

なんとか週末を迎えることができました

P急発(体調不良などで現れる歯周病の痛みを伴う急性症状)、

私の場合、疲れが溜まると必ずといってもいいぐらいに発症しますので、

バロメーターみたいなもので痛くなったら要注意ですが、

残念ながら 昨日から痛くなってしまいました

症状がでたということは、かなりの疲労だったんでしょう

3~4日で自然に治まりますが頻繁におきては困ります

なんとか、梅雨明けまでにもう少し体力をつけておきたいですね ・・・・






今までとは違う現場でしたので通勤時の光景もいつもとは違いました

いつもは上り電車に乗りますが、今回は下りです

現地の産業は工業が主ですから乗客の格好は殆どの方がカジュアル姿でして、

車中の空気は なんとなく違います

読まれている新聞は上り電車じゃ定番の日経だらけでなく、

スポーツ紙が目立ったのには何故かホッとしました

それもニッカンありスポニチあり報知ありで、何か嬉しくなりました

一般紙でも毎朝読の各紙が目につきましたし、

いつもの黒のパンツに白のシャツと日経のワンパターンでなく、

様々な格好の方が入り混じった光景は、昭和の匂いとでもいうのでしょうか、

どこかのどかで懐かしい感じがしてしました

それが何故か新鮮に映ったから不思議です ・・・・




プロ野球には其々ひいきの球団がありますし、

競馬や競輪に競艇などのギャンブルには予想が付きものですから、

記者の好みもあったりして購買するスポーツ紙は違うのが当然です

お昼ともなれば気の合った同僚達とスポーツやギャンブルだけでなく、

釣りや趣味に芸能など豊富な話題の論議が交わさわれ休憩をとります

ご飯を食べたり好きなことを会話しながらリラックスするのは、

仕事に来て一番楽しい時間かもしれませんし、

午後の仕事の能率を上げる意味でも大切なことです

メリハリをつける意味でも いいことではないでしょうか

そんな空気の光景が時間とともに消え失せていくような気がしてなりませんが、

時代の流れだからといって 何からなにまで一緒くたにしてしまって、

これで本当にいいものなのか ・・・?   疑問でなりません

良いも悪いも時間をかけ先輩達が築いてきた訳ですけど、

一度なくなってしまったら 二度とこの環境というか、

空気を取り戻すことはできないでしょう

たまたまスポーツ新聞をネタにしましたが、

例えを変えたとしても同じ様なことがいえるのがお解りでしょうか

つまらないことと思われるかもしれませんが、

雇用する側にとってもされる側にとっても休憩時の環境はとても重要なことです

心の余裕、 全てにおいて 大切ですからね ・・・・




社風とか職場は其々 個性や環境の違いがあって当然のはずですが、

今はどこも似たり寄ったりじゃございませんか

いつからかは知りませんけど日本企業なのか欧米企業なのか、わかりゃしません

なんで環境まで欧米化しなきゃいけないの?

日本人は器用だの勤勉だの彼らは言うけど、

日本には日本人のやり方があったから今日まできた訳で、

just mistakeで片付ける人達にそう簡単に理解はできないでしょう

正しければ彼らには主張をもっとするべきだし、

日本人を相手にしたいなら義と情についてしっかり教えなきゃダメです

と いっても巨大化しすぎた企業は今のままじゃ無理、  かな ・・・・




再建中の日本航空、

鶴のマークを復活させたJALですが、絶対にあの鶴にはなれません

いくら技術を進歩させ考え方や体質を変えたからといっても無理でしょう

スリム化で残さなきゃいけないものまで切り捨ててしまったみたいですからね

それも日本人にしか解らない大切なものを、

無駄であろうと残さなくてはならないものがあったんじゃないのでしょうか

そこに魂があることを わからないなんて、 寂しい限りです

培ってきたものは人間の心なくしてできませんからね

残念ですが、これぞまさしく日本の現実の象徴です ・・・・




そんなことを考えながら同じ環境で同じ空気の中で働いてきました

火曜日から また同じ場所で作業をしますけど、

忘れられがちであたり前のことを重要視する独りよがりの私は、

はたして 次はどんなことを見つけるのでしょう ・・・・





仕事延長!

仕事の予定が延びました

今月中に終わるかどうかもまだ分かりません

経済を考えれば非常に助かります

のびのびにはなってしまうけど、自分の作業は週末にすればいいし、

夏場を乗りきれる体力もつけたかったので良しとしましょう

ブランクが長かったので かなりタイトに感じておりますが、

肉体も精神も痛みつけなきゃハードルを越えることができません

やっと人並みになれるかと思うと 嬉しい限りです

復帰することが今の私にとっては、 最重要課題ですから ・・・・



そんな訳で、またブログを書くのがが疎かになってしまうと思いますので、

ご報告させてもらいました


疲れちゃって、

9時にはもう目が開けてられませんからね ・・・・





日本の大きな転換期 かな ・・・

今週もフルで仕事が入りました

非常勤であれ会社直で雇ってもらい こうして仕事があるのは嬉しい限りです

今週の現場は 海が目の前ですから風があるので少しは楽ですが、

フィルタイムですから 体調には充分 気をつけないといけませんね

なんせ 夏場の仕事は7年ぶりですから ・・・




辛うじて仕事を得たものの、

先日ハローワークで職員から聞いた話では、

三浦半島は求人倍率が全国レベルでワースト5に入っているとのことでした

産業といったら工業が殆どですから仕方がないことです

トヨタ系列の関東自動車、東芝、日産 ・・・etc

みんな工場を縮小してますからねぇ

藤沢とかの湘南方面も工業が主ですから、

いくらエリアが広いといっても きっと同じようなものでしょう

生産は どこも海外へシフトしてるんだから、 

こうなって 当然ですよね ・・・・




これまで軍需産業の流れを引き継いできた訳ですが、

そんな時代に幕を閉じようとしています

ここら辺りだけでなく 日本各地で同じような現象が起きてますけど、

雇用もなくなり 地元で育った若い人達がどんどんいなくなってしまう町は、

これから先いったい どうなっていくのでしょうか

意味のある奥の深い 非常に難しい問題です

地域ごとにいろいろとやられておられるようですが、

残念ながら 今までみたいな考えじゃ絶対に解決しないでしょう

森を見ず木を見ることしかできない日本人ですからね ・・・

私利私欲丸出しですし ・・・



全てがバラバラの国、 日本

いよいよ、 大きな転換期のようですね ・・・・



単純な不具合の原因とは ・・・


梅雨 2012 040

雨模様の昨夕のベイブリッジ

昨日で某所での仕事は終わりましたが、

ここでの作業は緊急対応なので めちゃハードです

朝はこの橋を渡ると 嫌でも戦闘モードに突入し、

夕はこの橋を渡ると解放され ホッとしておりました

しばらくの間、 ここは通りたくないですね ・・・・






海外で生産された部品の検査 

仕事があるのはあり難いことですが、

何で頻繁に これだけの不具合品がでるのでしょう

それも毎回 単純な不具合です

現地での検査、管理がきちんと行われてないとしかいえません

大手のメーカーや商社であっても これじゃねぇ、

日本人が本当に管理してるのか疑問ですが、

どうもこれには原因が ・・・・




もう30年も前のことですが、中国の天津でTシャツを20万枚製造しておりました

今でこそ日本の企業で日本人が管理してる工場はもちろん、

検査会社を抱えているのがあたり前の中国ですが 当時はそうありませんでしたし、

商社を通さない限り、弱小の企業なんて そう簡単に物づくりはできなかったものです

(その中国も、時代の流れで生産拠点としての役割は もう終わってしまったようですが・・・)

オーダーかけたとしても指示書とおりに寸法が上がってこなかったり、

生地からして織むらがあったり縫製も酷く、B品(不良品)があるのがあたり前でした

当時、プリントTシャツといったらアメリカ物、へインズが主流で、

中国市場は上海が主でTシャツなんぞ丸胴で斜行してたり穴あきがあるのも当然で、

天竺で高番手のコーマ糸を使った製品を作りたいと言ったら笑われたものです

そんな中、受けてくれたのが名古屋の問屋さんでしたが、

そこで言われたのが、「管理に日本人を張り付かせるから高くなるよ」 でした

それまで見ていた中国製品、サンプルだけで信用できるのか、

日本人に受け入られる品物が中国で本当に作れるのか不安でしたけど、

繊維が得意の中堅商社を通して、それはもう指示書通りの素晴らしい製品ができ上がりました

問屋さんが企画に乗って5万枚上乗せしてくれたのでコスト面でいくらか助かりましたし、

全ての管理がきちんとされていた事が何よりでした

日本人の知恵と力と能力を見せつけられましたね ・・・

指示通り、ダースごとに紐で縛られた紙梱包に検印、

2割はB品がでても当然の時代でしたが 全くといってもいいぐらいB品はなく、

縫製技術は糸の始末に至るまで、これが本当に中国製?かと当初は目を疑ってしまいました

因みにミシンはもちろん日本製でしたけど、縫い子さんは全員が中国人の女性達です

お陰さまで、様々な業種へいろいろなプリントをのせて納めることができたました

値段が多少高くても品質がしっかりしていて 他社の商品よりは幾らか安く提供すれば、

絶対に口コミで広がり消化する自信がありましたからね ・・・




しかし、すぐに真似をされることや商社や大手にやられたらすぐに値崩れをおこし、

踏んだり蹴ったりになる事も分かっていたので、

2年はデザインを少し変更して、あとはピタッとやめました

2年目は1年目に3万枚購入してくれた当時は有名だった某大手ファッションチェーンが、

殆どがコピーといえるような物を大量生産しましたし 他でも似た物が大量に出回り、

案の定、値崩れをおこしてしまったのはいうまでもありません

当社は丸首をVネックに、あとはパイピングの幅とサイズを少し変更しておりましたので、

巻き込まれることなく値段もそんなに下げずに消化できました

レコード会社とか雑誌社や企業の販促がメインだったのも幸いしたんじゃないのか な

当時からスキあらばやられても当然というものはありましたし、

力関係がモロにものをいった時代でしたけど、今とは全然違います

金儲けにはどん欲で騙し合いなんか当然でしたが プロはプロなりの拘りを持ち、

プライドのぶつかり合いとでもいうのでしょうか、商談中に喧嘩もよくしましたが、

一旦話が決まったら値段に見合う仕事はきっちりとこなしていましたよ

市場には魂が入ってるような商品がいっぱいありましたね ・・・

不良品やクレームがなかった訳じゃありませんけど、

今日みたいに同じようなミスは犯さなかったはずです

大手なら尚更、 信用ってものがありましたからね ・・・・




少々ズレてしまいましたので話を戻しましょう

当時、天津のはずれ辺りはまだ あまり手がついてなかったからだとは思いますが、

日本で工賃の高い工場を使ったのと変わらない、それは見事な仕上がりでした

上海などとは違い仕事も少なかったはずですから、働く方も真剣だったのでしょう

今みたいにPCがある訳じゃなく 情報網などそうありませんでしたし、

工場より楽で華々しい販売やサービス業の仕事なんかも今みたいにそう無かったから、

働く人達は真面目で、きっと一生懸命だったに違いありません

色々な種類のプリントをのせて送ったTシャツを着た工場の人達の写真を、

問屋さんに観せてもらった時は嬉しかったですね

しかし翌年、数種類がコピーされ別ルートで流されたのにはまいりました ・・・・

版権があろうが、経営者はお金儲けの為なら何でもありです

商社の専属工場ではなかったので、 仕方ないでしょう

どうしても認識が違うから 厄介な問題です

今も昔もやったもん勝ち、 なんの変わりもありません

工員さん達は何も知らないでただただひたすら縫い続けているだけ、

どこの国でも末端はしんどいですね ・・・・




そんな中国も人件費が高騰してしまい採算が合わないので、

生産拠点としてはもう終わりなのはみなさんご存知のとおりです

これから地図でもっと下の方へと行く訳ですが、

他の国は大丈夫なんでしょうか ・・・?

どこの国で生産されようが、もっと日本人がきちんと管理できない限り、

いくら器用だろうと、結局 中国と同じことの繰り返しじゃないのかなぁ 

そう思っているのは、 私だけですかね

日本人ですら、日本人の心や気質が失われていく今日この頃、 期待はしていません 

それに、発展途上の国へ次から次へ移すといっても限りがあります

子どもでも説明すれば分かるような事を繰り返してばかり、

行き着いてしまったら いったいどうするのでしょう

とても日本人だけの発想とは思えません ・・・・




いつも、あまりに単純でくだらない不具合だから疑問です

まぁ 単純だから見落としてしまうものなんですけどね ・・・

生産作業員も検査員も日本人じゃないことの意識が管理者にあるのでしょうか

何もかも機械任せで 疑うことや面倒なことを避ける世代なのか、

おそらく意識のレベルも低いんでしょう ・・・ ですが何故か気の毒です

何で気の毒かって? 彼らは日本人の教えを受けられないし、

受けたとしても生かすことができない環境に立たされているからです

国によって合格の基準が違おうと 日本で生産したいのなら、

本来なら日本の基準に合わせるのが当然ですが、その通りにならないのが現実です

生産拠点では既に日本が仕切ることなどができなくなってしまってるんでしょう

海外生産をしている多くの企業は、だいぶ外資が入っていますからね

残念ながら表向きは日本企業でも 実権を握っているのは外人さんっていうことです




これは今後の日本にとって重大な問題ですが お気づきでしたか?

今や外資に支配されつつある日本の現状を

平和ボケした日本は彼らからしたら絶好のマーケットなんです

都合のいいように利用し、使い捨てでしかないという彼らの心中がお解りでしょうか?

いい例が自国では使用できなくなった人間に害のある薬ですが、

日本では国をあげて その薬のCMを洗脳するかのように流しております

在庫処分場と化した日本と対象とされた若い日本人女性、

病人にさせて更に薬を売ろうという恐ろしい作略です

それを容認している日本国政府、 

我々は何をすべきでしょう ・・・・

この件は長くなるので改めて書くことにしますが、

古いところではミドリ十字や 最近では原発の事故じゃありませんけど、

目の前にごろごろしている まさかと思うような危険、

気がついてからでは遅いのではないでしょうか

安全なんてものは、 今の日本には絶対ありません ・・・・



尚、全てにあてはまる事ではございませんので そこのところはご理解ください

自分の体験に基づいた、 あくまでも私見ですので ・・・・




今日の記事と共通する、

「MADE IN JAPAN」

という言葉が近頃やたらと耳に入ってきますけど、

疑問でなりません ・・・・

チャンスがあったら書いてみたいと思ってます





いよいよ忙しくなってくるぞ ・・・

夏場に働くのは7年ぶりですが、 正直 きついですね

峠を越してるせいでしょうか、なかなか思うようには動けません

窓は閉め切っているし冷房も入ってない倉庫の窓際での作業は、

水分をまめに摂っていても けっこう辛いものがあります

まぁ、若い子たちが気を遣ってくれるので精神的には助かってます

負けん気が強いので むきになってしまうクセを知ってるせいか、

たまに声をかけセーブしてくれるし、スタッフには恵まれました

ジジイでも あてにされ一番大変な現場に呼んでもらえるのは 嬉しい限りです

まずは気力でいけば ブランクがあろうと、

体も馴れるだろうし夏場も乗り切れるでしょう

体力の衰えは仕方ありませんが、同年代にだけは 絶対に負けたくないですからね

金曜日まで、頑張ります!




話は変わって、

今日はZ病院の神経科医Sの聴き取りが行われる日です

6年前、私をW精神病院へ送った奴です

内容は過去に書きましたとおりですが、

はたして どういう答えをするのでしょう

これで3人の聴き取りが終わります

あとはZ病院側がどう取りまとめ、

どのような説明をしてくるかです

おそらく時間はかかると思いますけど、

何か ワクワクしてきました

書きたい事もありますがこの場ではやめておきます

いよいよ大事な局面ですから ・・・・




6年前の件、 仕事、 創作活動、

いろいろと忙しくなってきました

ここで焦ってはいけなせん

今まで養ってきたことを発揮する場面です

心身ともに、できる限り万全のコンディションで、

とことん挑んでまいります

私にとって、残りの人生を決めるといっても過言ではない、

大勝負ですから ・・・・!





予感的中

予想が当たり、不具合が発生したので 昨日から仕事に出ております

予定では金曜日までかかりそうですが、製作中の作品の乾きすぎが心配です

程よいところで形を整えたいと思っているので・・・・

いつもなら予定より早く終わってしまうけど、

今回はどうでしょう?

来週までかかってしまったら、 

完全にアウト

ホカして また作り直しですかね ・・・・・


な 訳ですので、とりあえずご連絡です



まずは、 行ってきます





創作活動 1

ここ2~3日、作品づくりをしておりました

復活宣言をしてから早 2ヶ月、

材料の新聞紙をちぎり始めて1ヶ月半経ちましたが、

まだ一つも完成してません

ショボッ ・・・

なかなか感が取り戻せないのもありますし、

梅雨だから表の作業もできません

それに、何といっても経済が最優先ですからね、

まぁ、これが現実というものでしょう ・・・・




作っては壊し、作っては壊し、

新たな挑戦ですから試行錯誤を繰り返しておりまして、

頭で描いていた形がなかなかできません

仕事で依頼されたもの以外は、

ラフや図面などを書きませんので、

創作は出たとこ勝負が私のやり方です

下絵があると、どうしても想像が膨らまないんですよね

直感型の人間だし 優柔不断でいい加減だから、

型にはまったやり方が苦手です

生き方も全く同じかもしれません、

単なる我がまま ってやつでしょう

こんなバカな真似をする人など いないとは思いますけど、

決してお薦めはできません

波乱万丈な人生をお望みならば別ですが ・・・・




私の作るものは大衆で認められることはないでしょう

立派なものや うけるようなものは作れないし、作ろうとも思いません

芸術家でもないし、依頼されてる訳でもありませんから、

ただ、好きに作りたいだけです

そして、接点の合った人に気に入ってもらえれば嬉しいですね

自己満足に過ぎないかもしれませんが、

作品を介して何かを感じてくれたとしたなら、

それはもう願ったり叶ったりでしょう

自分だけのお気に入りのコレクション、

そういうものが大事なんじゃないのかなぁ、

昔みたいに ・・・・




作品を通し いろいろなことを学べたり、

いろいろな人と交流ができるようになれば、

少しは世の中のためになれるんじゃないのかな、

などと ちっぽけなことですが真剣に考えている次第です ・・・・




何となく、今週は検査の仕事が入りそうな予感がしますが、

はたして、どうなるでしょう?

天気もあまりよくなさそうだし 稼げるんだから、

それはそれで 良しとしますか ・・・・






プロフィール

donjinan

Author:donjinan
色々と経験しすぎな黄昏予備軍♂です
2006年の夏、一夜にして
人生は恐ろしく変わってしまいました
真実を回顧しながら書いていきます

参加ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へ
           にほんブログ村
Translation(自動翻訳)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク (50音順)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。